フォト
無料ブログはココログ

「在日朝鮮人文学」の変容とは何か

200902はじめに
 在日朝鮮人による日本語文学の「集大成」として、二〇〇六年に『〈在日〉文学全集』全十八巻が発行された。それまでにない規模の編集・出版であった。だが、この偉業を目にして、何やらもの淋しい感じを抱いたのは私だけではなかっただろう。このようにまとめてしまったことに対する、一種の違和感が拭えず、このように「終焉」して良いはずがないという拘泥に囚われるのだ。
 昨今韓国において、海外居留「韓人」による文学に関する研究が盛んだ。特に日本在住の韓国(朝鮮)人による文学には関心が高い。(*1)韓国の研究者は主に血統主義をとっている。彼らは朝鮮籍、韓国籍、日本国籍に関わらず研究の対象とし、父方の祖母が韓国人という鷺沢萠までも「韓国人作家」として枠に入れている。筆名の日本風、朝鮮風の区別もしない。これらは『〈在日〉文学全集』の場合も同様だ。作家の意志や作品の性質は考慮されない。自らを朝鮮人作家、あるいは在日作家として意識しない作家までこの枠に入れなければ「分類」できなくなったところに「在日朝鮮人文学」から「〈在日〉文学」と呼称を変えなければならない変容があったのである。『〈在日〉文学全集』に柳美里などが収録を拒否したことも、そのような分類に対する嫌悪と無関係ではなかっただろう。
 かつてわたしが在日朝鮮人文学を読んだときの心のふるえは、作者が朝鮮の血を引くからだけではない。日本帝国主義の支配下にあった朝鮮から、宗主国である日本に渡って日本語で書くしか選択の余地がないほどの状況で、書くことを選択した朝鮮人あるいはその子孫の作品群が、日本人である私の心に迫ってきたのだ。彼らは日本語文学史上の一時期に、ひとつの大きな塊として我々の前に現れ、そして民族を叫び、あるいは語ったのだった。そこから離れてわたしの「在日朝鮮人文学」は存在しない。

一.在日朝鮮人文学以前
 そもそも「在日朝鮮人文学」とは何か。「在日朝鮮人作家」とは誰なのか。我々が「在日朝鮮人文学」という呼び名で朝鮮人作家の一連の作品群を注目したのは、一九七〇年代のことだった。一九六六年に金鶴泳が「凍える口」で文芸賞を受賞し、六九年には李恢成の「またふたたびの道」が群像新人文学賞受賞。李恢成は続いて七二年に「砧をうつ女」(『季刊芸術』一八号)で芥川賞を受賞した。この間に金石範の名作『鴉の死』(六七年 新興書房)が出版され、また、高史明の問題作『夜がときのあゆみを暗くするとき』(七一年 筑摩書房)、鄭承博の『裸の捕虜』(七三年 文藝春秋)、金泰生『骨片』(七七年 創樹社)などの在日朝鮮人文学の代表的作品が次々と出版された。金時鐘や呉林俊などの詩人も登場した。この頃は、文学史的には古井由吉に代表される「内向の世代」の時代である。金鶴泳は坂上弘などとも親しく、その作品は社会に対する主張より自己の内部を注視する内向の世代に近かった。それでもその存在性ゆえに朝鮮人としての社会性・歴史性から自由ではなかった。そういう意味で内向の世代の作家と見ても良いにも関わらず、「在日朝鮮人文学」として一括りに論じられるのである。
 むろん、在日朝鮮人文学の歴史は一九六〇年代後半に始まった訳ではない。戦後すぐの時期には金達寿や許南麒が活躍したし、戦前には張赫宙・金史良という戦後在日朝鮮人文学に直接繋がる巨大な存在があった。
 そもそも朝鮮人による近代日本語文学はいつ始まったのかというと、早くも一九〇〇年代初頭には、李人稙・李光洙ら日本留学生によるものが確認されており、更に鄭芝溶も少なくない詩篇を残しているという。(*2)彼らに続いて一九一〇年以降つまり植民地支配下に鄭然圭・金煕明ら初期プロレタリア文学系の作家・詩人が現れたが、文学史に輝く作品を残したとは言えない。日本のプロレタリア文学史に深い足跡を残したのは、一九二〇年代に現れた白鐵と金龍済である。白鐵と金龍済は若くして日本の(朝鮮のではなく)プロレタリア文学運動に参加し果敢に戦ったが、日本人プロレタリア作家たち同様に転向し軍国主義に協力を余儀なくされた。
 一九三〇年代に入ると、張赫宙と金史良という二人の朝鮮人作家が登場した。この二人こそ戦後在日朝鮮人文学に直接繋がる文学者だった。
 張赫宙は、一九三二年に雑誌『改造』の懸賞小説に「餓鬼道」で入選した。この小説は貯水池工事現場の労働搾取に対決する農民たちの決起を素材にしたプロレタリア文学であった。続いて朝鮮の悲惨な現実を日本の読者に知らせたいという意識から、「追われる人々」や「奮い起つ者」などの抵抗的作品を書いている。この後「権という男」「ガルボウ」といった抵抗的要素のない心理主義的作品を発表、更に『加藤清正』(一九三九年 改造社)などの歴史小説を経て、後は日本人作家たち同様軍国主義に手を貸さざるを得なくなる。しかしながら平行して村山知義演出で上演された「春香伝」の原作を書くなど朝鮮の文化を紹介する仕事もしている。戦後も日本に残り、朝鮮人作家として最も早く日本語で文学活動を再開し、『孤児たち』(一九四六年 萬里閣)、『嗚呼朝鮮』(一九五二年 新潮社)など多数の作品を残した後、日本に「帰化」申請し戸籍名「野口稔」となり、以後は「野口赫宙」という筆名で様々なジャンルの作品を出版した。晩年は日本民族のルーツを探る、といった類のノンフィクションを書き、一九九七年二月に逝去した。(*3)
 張赫宙が否定的に評価されがちなのに比して、金史良は「始源の光」として見なされてきた。金史良は『文藝首都』の一九三九年十月号に発表した「光の中に」が芥川賞候補にあがった。この小説は朝鮮人の母・日朝混血の父を持つ少年山田春雄と、「ミナミ先生」と呼ばれる朝鮮人帝大生ナムとの交流を描いている。春雄少年の父は酒飲みで乱暴、いつも妻を殴っている。母親は夫の暴力に耐えている。こうした春雄少年の両親像というのは、戦後の在日朝鮮人文学に共通する一つの典型をなしている。この小説はミナミが春雄少年の前で朝鮮人のナムに変わっていくことによって、春雄も朝鮮人としての自己の未来に明るい光を見いだすという筋書きである。
 金史良は民族独立の意志を強く持った作家であったが、その創作活動は基本的に大日本帝国の政治的な枠の範囲で、支配者の言語(日本語)で行なわれた。金史良は始めから「内鮮一体」の重い鎖を引きずっていたのである。しかし「箕子林」や「天馬」など佳作を残しながら、一九四五年中国の朝鮮独立軍を目指して脱出。解放後は「北朝鮮」にあって朝鮮語で作家として活躍したが、朝鮮戦争の際には朝鮮人民軍に従軍し、米軍の仁川上陸に伴う撤退の途中で消息を絶った。日本で生きながらえた張赫宙とは対称的である。
 張赫宙や金史良は朝鮮語で書く自由を奪われ、日本語で書く行為を強制されていた。戦前朝鮮人作家は母語である朝鮮語を奪われ、日本語を強制されたという厳然たる事実を確認しなければならない。

二.戦後在日朝鮮人文学
 大日本帝国の敗戦は、朝鮮人に朝鮮語使用の自由をもたらしたはずだった。しかし日本に取り残された朝鮮人は朝鮮語で生き、自己表現する環境になかった。その上、在日朝鮮人の多くは朝鮮語で書く能力さえ欠いていた。
 戦後初期在日朝鮮人文学を牽引した作家は何と言っても金達寿である。金達寿は『民主朝鮮』に「後裔の街」を連載し、一九四八年には朝鮮文芸社から同名で刊行した。日本から南次郎総督支配下の「京城」に帰った青年高昌倫を主人公として、日本で成長した朝鮮人青年の母国での煩悶が描かれている。高昌倫は、祖国を支配する日本に対する反発を感じながらも、祖国での実生活の感覚や文化から離れている自己を発見する。彼は母国語さえも自由には使えない。日本帝国主義の植民地支配下とはいえ、日本で育った高昌倫と朝鮮の人々との違いは明白であった。
 日本語を使い祖国の文化に馴染めない煩悶というテーマは、一九八八年に発表された李良枝の「由煕」をはじめ、李起昇「ゼロはん」、柳美里「石に泳ぐ魚」、鷺沢萠「君はこの国を好きか」など、きわめて現代的テーマとして生きたのである。こうした問題を提出した「後裔の街」は、在日朝鮮人文学を象徴する作品だったともいえる。
 張赫宙や金史良など戦前の朝鮮人日本語作家たちは、日本帝国主義の政治的支配に直接強制されて日本語で書かざるを得なかったのだが、金達寿ら戦後の作家たちは能力的・社会環境的問題において日本語で書くしかなかった。彼らは、朝鮮人であることを常に意識していなければ朝鮮人作家ではなかった。なぜならば「民族言語使用の内在的不自由」という条件を背負ったからだ。
 金達寿は『後裔の街』のあと、一九五三年には初期の代表作である「玄海灘」を『新日本文学』に連載した。これらのほかにも『叛乱軍』(五〇年 冬芽書房)、『前夜の章』(五五年 東京書林)などを初期に書いた。この頃の金達寿は、素朴な庶民の旺盛な生活力を描きながら、そうした民衆像と在日朝鮮人の左翼運動や祖国朝鮮民主主義人民共和国とを政治的に結びつけた作品を書いていた。
 戦後金達寿と並んで代表的な朝鮮人文学者と言えば、詩人の許南麒であった。許南麒は、一九四九年に『朝鮮冬物語』(朝日書房)、五〇年に『日本時事詩集』(朝日書房)、五一年には『火縄銃のうた』(朝日書房)と立て続けに詩集を発行した。

三.高度成長期の「在日朝鮮人文学」
 金達寿を中心とする在日朝鮮人文学前期と、一九六〇年代後半に現れた李恢成・金鶴泳を中心とする作家たちの違いは、後者が商業文壇に登場したことと、二人とも在日二世だったということが言える。
 金鶴泳は、六六年九月、二十八歳のとき「凍える口」で文藝賞を受賞。『文藝』十一月号に発表された。「凍える口」は、民族問題よりも、自分の吃音が重要であるという在日朝鮮人青年崔圭植が主人公だった。主人公は努力してもどうしても入り込めない一般社会との溝を抱えていて、人間は理解し合えないという真実に到達する。朝鮮への帰属が文学の中心であったそれまでの在日朝鮮人文学とはまるっきり違う。
 金鶴泳の小説の主人公たちは、朝鮮への民族的帰属に救いを求め得ない。金鶴泳にとって朝鮮人であることは、「負」の要素以外のなにものでもなかった。金鶴泳は、朝鮮人であることの負、吃音であることの負、人間存在そのものの負を背負っていたのである。
 金鶴泳は、自己否定の追求というかたちでアイデンティティーを求め続けた。そのため彼の作品は、暗鬱で重厚、脆弱なほどに繊細な文体を選択させた。
 李恢成は金鶴泳よりやや遅れて登場した。七〇年代を代表する在日朝鮮人作家は李恢成だった。李恢成は、朝鮮人であることに積極的意味を追求した点で、金鶴泳とは対照的だった。李恢成は、民族的というだけでなく、ユーモラスな言語表出も含めた「民衆的言語表現」を駆使した。おおらかさの中に繊細だが屈託のない線の太い文体をものにしていて、金鶴泳とまったく正反対に位置した。
 六九年に「またふたたびの道」が群像新人文学賞を受賞して以後は、「われら青春の途上にて」「死者の遺したもの」「証人のいない光景」「青丘の宿」などを次々に発表していき、七二年には「砧をうつ女」で、朝鮮人作家として初めて芥川賞を授賞された。一九七六~七九年にかけては、軍事独裁政権下の韓国を舞台にした長編革命小説『見果てぬ夢』(講談社)を発表した。九四年に発表した『百年の旅人たち』(新潮社)は、サハリンから脱走して、九州の施設に収用される朝鮮人の数家族を描いた傑作で、野間文芸賞を受賞した。
 金鶴泳や李恢成よりやや年代的に先輩にあたるのが、金石範・金泰生らである。芥川賞を受賞した李恢成はマスメディア的には在日朝鮮人作家の代表選手だったが、理論的にも、文学的にも、在日朝鮮人文学を代表したのは金石範といえよう。
 金石範は一九二五年十月生、李恢成より十歳年上だ。大阪生野区猪飼野で、母が来日して数ヶ月後に生まれたので、「在日二世」と呼ぶには微妙である。一九五七年、「看守朴書房」を『文藝首都』八月号に、「鴉の死」を同十二月号に発表した。これらの短編や、後に書かれた大長編『火山島』は済州島「四・三事件」(*4)を素材としている。
 金石範は、八三年から九七年にかけて日本の文学史に燦然と輝く大長編『火山島』全七巻を文藝春秋より刊行した。この小説は「四・三事件」下の済州島という極限状態における人間の在り方と、民衆像を追求していた。『火山島』は三巻まで発行の段階で、大佛次郎賞を受賞、全七巻完結すると、毎日芸術賞を受賞するなど高い文学的評価を受けたのである。大佛次郎賞は優れた日本語による著作に与えられる賞である。
 同郷同世代の作家金泰生は、一九二四年済州島生まれ。戦後『文藝首都』などで文学修行したあと、一九七七年『骨片』(創樹社)を、続いて七八年『私の日本地図』(未来社)、八五年『私の人間地図』(青弓社)、同年『旅人(ナグネ)伝説』(影書房)などを上梓した。寡作だったが、在日朝鮮人の生を低いところから見つめ続ける静謐な文章はリアリティーに富んで一級の日本語文学だった。
 金達寿以降、金泰生、金石範、李恢成、金鶴泳らは「在日朝鮮人文学」の中核に位置した。彼らは、日本が朝鮮を植民地支配した歴史的経緯によって来日し、歴史的諸条件のなかで帰国できずに在日し続けたという、在日朝鮮人の典型的な姿を体現し、日本語によって文学活動するけれども、朝鮮民族の一員であるという意識を強く持って書いた作家であるという意味で、在日朝鮮人作家だったのである。

四.「在日」文学
 一九五五年生まれの李良枝の登場は新鮮だった。それまでの在日朝鮮人文学は、自己が朝鮮人であるという事実自体には疑問を挟むことがなかったのだが、李良枝は民族性に疑問符を付けた。
 在日二世で日本籍を持つ李良枝は、一九八二年に最初の小説「ナビタリョン」を『群像』(十一月号)に発表した。「ナビタリョン」は在日朝鮮人の主人公が韓国の舞踊と出会って韓国人としての自己を確立していくという、民族アイデンティティ発見の物語だった。
 八八年に芥川賞を受賞した小説「由煕」は、韓国に留学している由煕という女性が韓国のエネルギッシュな雰囲気や大衆文化に馴染めず、韓国語の騒々しさに圧倒されて日本に帰っていくというストーリーである。この小説は、民族アイデンティティの発見とは反対に、在日と祖国=韓国との「違い」を描き、その後の祖国への帰着を目指さない「在日」世代の先駆け的な作品となった。
 梁石日は世代的には李恢成と近いが、その作品はより若い世代の民族意識に似ている。梁石日は祖国を目指さなかったし、「祖国」に対する憧れも憎しみもそれまでの作家に比べると薄い。「在日」なのである。梁石日は一九八一年四十五歳で小説『狂躁曲』(筑摩書房)を出版して人気を得、以後『夜を賭けて』『血と骨』『終わりなき始まり』『族譜の果て』などを次々に出版、エンターテイメントな作品群で最も売れている作家と言える。
 柳美里は一九六八年生まれ、九二年に岸田國士戯曲賞を最年少で受賞し劇作家デビューした。九四年に初めての小説「石に泳ぐ魚」を『新潮』九月号に発表したが「モデル」とされる女性から出版差し止めを請求されるという事件が起きた。しかし、その後の活躍はめざましい。一九九六年『フルハウス』(文藝春秋)で泉鏡花賞、野間文芸新人賞受賞。翌、九七年『家族シネマ』(講談社)で芥川賞受賞。九八年発行の『ゴールドラッシュ』(新潮社)は、それまでの小説が、崩壊した家族と自分の不遇を描き続けたのに比して、社会の不遇を描くまでに成長している。その文学はうわべの正義感や、教条的な主義主張にぬりこめられることなく、「なぜ人は人を殺してはならないか」という原点的な疑問を文学へと昇華したのだった。二〇〇四年には祖父の生きた時代と、自らのルーツを追求し、舞台を朝鮮にとった長篇『8月の果て』(新潮社)を日韓同時発表した。
 一九九九年、玄月が「蔭の棲みか」で在日朝鮮人として四人目の芥川賞受賞者となった。この小説で玄月は日本社会の雛形ともいえる架空の集落に、在日朝鮮人、ニューカマー韓国人、中国人「不法」労働者などを配して単一民族幻想を突き破る文学を成立させた。
 だが、玄月の作品に描かれるニューカマーは「在日」との違和と対立のなかにあり、「民族(主義)的」繋がりを持たない。そのせいか、在日社会は狭く描かれ、日本社会を縦に強く貫くとしても横へ広がらない。玄月は「在日朝鮮人文学」からは脱却せざるを得なかった。

五.新しい在日朝鮮人文学の登場
 在日朝鮮人文学終焉の時代的潮流のなか、黄英治の登場は私たちに「在日朝鮮人文学」健在との印象を与えてくれた。
 黄英治は、二〇〇四年短編「記憶の火葬」で労働者文学賞を受賞した。(*5)主人公は在日一世である父の死を迎えて、父の生涯を振り返りながら、忘れてはならない歴史の記憶を反芻している。父の生涯は在日朝鮮人としては恵まれたほうだったろう。しかし、日本社会は在日一世朝鮮人の記憶の火葬を続け、その存在を亡き者にしようとしている。作者の父親のような名もなき在日朝鮮人たちは、生きることによってのみ、この差別と侮蔑の日本社会に抗ってきた。彼らの生を記録し続けることには意味がある。父の記録は、この在日の家族の記憶そのものであり、個別的で多様でありながら普遍的な〈在日〉の歴史の優れた文学的表出なのである。
 一九五七年生まれの黄英治は、若い作家とは言えないが、彼の作品は他にない在日することへの「畏れ」がある。ただ歴史の被害者として捉えるのではなく、祖国との関係を視野に入れながら、加害者たりえる在日朝鮮人を脳裏に想定しながら描いていく。
 黄英治は次に中編「智慧の墓標」を『労働者文学』(五八号 二〇〇五年十二月~)に連載した。製薬会社の研究所に勤める「帰化」朝鮮人青年石田裕輔の前に、韓国から赴任してきた女性姜禮珍が現れる。凛とした態度の禮珍に裕輔は魅了される。在日朝鮮人社会にニューカマーが刺激的に登場し、「祖国」との新たな関係性が結ばれていく。祖国との関係性を意識的に表出していく黄英治の文学は、現代に復活した「在日朝鮮人文学」と言えよう。

終わりに
 戦前は民族言語と故郷を略奪され、戦後は民族言語と故郷を喪失しながら、民族を取り戻す精神運動のなかで、日本語で書き続けた朝鮮人文学者によって、歴史的過程において「在日朝鮮人文学」は成立した。
 柳美里や玄月、更にここでは触れなかったが金城一紀など新しい世代の文学を「在日朝鮮人文学」と呼ぶ意味はない。彼らは、「民族意識」や祖国への帰属意識、朝鮮語への憧憬と、それを知らぬことへのうしろめたさからすでに解放されている。しかし、黄英治のように、「朝鮮」に拘泥する在日朝鮮人作家・詩人たちは今後も現れ続けるのかも知れない。

【註記】
*1兪淑子著『在日한국인 문학연구』二〇〇〇年六月 月印
  홍기삼編 東国大日本学研究所日本学叢書『재일한국인문학』솔 二〇〇一年一二月 
  金煥基編著『재일 디아스포라 문학』국학자료원새미 二〇〇六年九月 
  全北大学校在日同胞研究書編『재일 동포문학과 디아스푸라』全三巻 제이엔씨 二〇〇八年八月
  など多数の研究書が出版され、学会発表なども盛んに行われている。
*2任展慧『日本における朝鮮人の文学の歴史』(一九九四年 法政大学出版局)
  大村益夫・布袋敏博編『朝鮮文学関係日本語文献目録』(一九九七年)
*3南富鎭・白川豊編『張赫宙日本語作品集』(2003年 勉誠出版)
*4「四・三事件」とは、朝鮮半島の南に浮かぶ済州島において、米軍政庁と李承晩独裁政権に反対した大規模な民衆抗争と、ファッショ政権によって七万とも八万とも言われる犠牲者を出した凄惨な弾圧を言う。
*5黄英治『記憶の火葬』(影書房 二〇〇七年)

(『國文學』2009年2月号掲載)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571716/64302647

この記事へのトラックバック一覧です: 「在日朝鮮人文学」の変容とは何か:

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)