フォト
無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« チョン・ジア『父の革命日誌』橋本智保訳 河出書房新社 | トップページ | ハン・ガン『別れを告げない』斎藤真理子訳 白水社 »

2024年3月18日 (月)

酒井誠『酒井定吉とその時代 一共産主義者の星霜』

共産党史を個人史から読む
酒井誠『酒井定吉とその時代 一共産主義者の星霜』知道出版

Photo_20240318220501  高史明読んでいて、共産党の50年問題の不条理を考えさせられた。
「列伝06高史明」では、共産党に関する参考書として、中北浩爾『日本共産党 「革命」を夢見た100年』(中公新書 2022年)と日本共産党中央委員会『日本共産党の100年 1922―2022』(新日本出版社 2023年)の2点だけあげておいたが、その後、『酒井定吉とその時代』を知った。
 同書は1893年生まれで日本共産党の極初期からの党員だった酒井定吉(sadakiti)の生涯を、その息子で、言わば共産党員2世だったがその後除名された誠が追った記録だ。
 定吉は徳田球一の推薦で1925年初秋の日本を発ちクートヴェに留学した。クートヴェとは東洋勤労者共産大学のことだ。ソ連が東洋諸国の勤労者を教育するための機関だ。台湾からの留学生謝雪紅や、中国からの蒋経国に関する記述もあって興味深い。(蒋経国については周知だろうが、謝雪紅もたいへん興味深い。)
 定吉の入党は1927年8月、渡辺政之輔の審査を受け片山潜から入党確認の通知を受けたというのだから歴史的人物だ。
 しかし日本共産党は小林多喜二が小説に書いたように、1928年3月15日に1568人も検挙されて、主要幹部を失い大打撃を受けた。
 コミンテルンは直ちに、日本共産党再建のため定吉ら4名を帰国させた。
 定吉は、山代吉宗、山代巴、加藤四海、春日正一らと〈京浜グループ〉を組織して活動中1940年5月に逮捕され1945年9月に釈放されるまで獄中に囚われた。グループのなかで加藤四海は逮捕翌日の取調中に殺され、山代吉宗は1945年1月獄中死させられた。
 作家山代巴の『囚われの女たち』全10巻に京浜グループの人民戦線的思考と活動が描かれた。山代巴は自らの獄中経験を、人権と連帯の貴重な経験として生かそうとした。
 この時期は徹底的な暴力と特高スパイの二重戦術で共産党のみならず、日本の民主主義は瀕死の状態に置かれた。そのためか、戦後共産党では「非転向獄中何年」という称号が幅をきかせた。徳田球一や宮本顕治が英雄視される一方、転向を意思表示して獄外に出て獄中の同志の救援のために働いた山代巴や田中ウタは批判された。
 もう一点、この本で興味をひくのは日本共産党とソ連、中国との関係だ。中ソ両国と日本共産党との微妙な関係。日本共産党はスターリンの支持を受けて暴力革命路線を走ったわけだが、その路線は「中国の道」と呼ばれた。中国革命を模した農村から都市を包囲する暴力革命の道が選択されたのだ。一方、中国の知日指導者は、スターリンが日本に押しつけた武装闘争路線を成功の見込みがないと考えていたようだ。
 中国には、河北省に日本共産党の「党学校」が置かれ、日本革命の活動家を育成するための機関で総勢2000名に及ぶ規模だった。
 武装闘争という極左冒険主義の参加者の一部は中国に追放された。ちなみに定吉は武力路線時の犠牲者の救援と支援に5年間をかけてつくした。しかし高史明のような朝鮮人は救済されなかった。
 1955年7月の第六回全国協議会後共産党は議会主義の道を歩む。しかし、それまでの暴力路線を現在の共産党は分派がかってにやったこととして党史から抹殺している。著者は〈過去に目を背けるものが未来を語る言葉は虚ろに聞こえるだけだ。〉と厳しい。
Photo_20240318220502  朝鮮戦争に関する記述も興味深い。ソ連と中国がそれぞれどんな態度で臨んだのか? なぜソ連は参戦せず、中国は義勇軍を送ったのか。
 著者である酒井誠自身も面白い人だ。共産党員2世で中国に留学している。もちろん日本共産党の指示に基づいての留学だ。文化大革命にも参加する。しかし日中両共産党の微妙な対立を反映して誠たちは日本共産党指導部と対立していく。
 誠は除名され、帰国後は中国物産の販売会社に勤め、中国共産党支持のグループが作った「日本共産党(左派)」に加わった。当然、父とは断絶した。

しかし、レーニンと毛沢東の著作を金科玉条としていた当時の私には、日本の共産党は修正主義に堕落したとの確信は強くなる一方であり、それに加えて、文化大革命に沸き返っている北京の熱気も、十九歳の私に大きな影響を与えずにおかなかった。(中略)私が自分の頭で考えることを取り戻すまで、それから実に二十年余りの月日が経っていた。

 酒井定吉についての本であるから仕方ないが、誠の経験をもう少し読みたかった。文化大革命の経験や、帰国後の政治活動の経験や葛藤をも明らかにしてほしい。
 私が属した新日本文学会にも、共産党員2世で、多分親と断絶して「日本共産党(左派)」の活動をしばらくしていた人がいた。ベトナムに行ったと聞いているが消息は知らない。また、中国物産展を主催して会に経済的貢献をしていた会員もいた。
 1972年に日中国交回復してパンダが上野動物園に来てからしばらくのあいだは、日本人の好きな国第一位は中国だったと記憶している。私自身も学生時代に日中友好協会の会員だったし、中国物産展のアルバイトをけっこうやった。
 現在の日本共産党と中国共産党との関係を詳しくは知らない。中国共産党の現在を支持することはできない。日本共産党に政治的主張には同意する点が多いが、歴史清算はまだまだだと思っている。
 本書は基本的には酒井定吉という共産党員の生涯から描いた日本共産党史というところだが、いろいろと懐かしさを感じさせる本でもあった。

« チョン・ジア『父の革命日誌』橋本智保訳 河出書房新社 | トップページ | ハン・ガン『別れを告げない』斎藤真理子訳 白水社 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チョン・ジア『父の革命日誌』橋本智保訳 河出書房新社 | トップページ | ハン・ガン『別れを告げない』斎藤真理子訳 白水社 »