フォト
無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« キム・スム『さすらう地』岡裕美訳 新泉社 | トップページ | エリザ・スア・デュサパン『ソクチョの冬』 »

2023年3月 4日 (土)

ペ・スア『遠きにありて、ウルは遅れるだろう』

原初を手探る映像小説だが、「霊魂は比喩です」
ペ・スア『遠きにありて、ウルは遅れるだろう』斎藤真理子訳 白水社

Photo_20230304110301  世間では「ネタバレ」という言葉が流通している。小説などのストーリーや結果が第三者によって知らされてしまうことを言う。ネタバレするとその作品を読む価値が下がってしまい読む気が失せてしまう現象が起こるので、レビューなどで「ネタバレ注意」と言われることがある。ネタバレしたくらいでつまらなくなる小説に文学価値があるとは思えないが、一般的にはわざわざネタバレを読んでから作品を読む読者はいないだろう。
 しかし、ペ・スア『遠きにありて、ウルは遅れるだろう』は「誰かネタバレしてくれ!」と言いたくなる小説だ。
 難解な書名の解読さえ、読み終わってもよく分からない。それらしい文は出てくる。
 ペ・スアという作家を体験したことは、欣喜よりも痛痒に近いかも知れない。論理性より映像性が高く、読者は観客ないしは鑑賞者の立場に置かれる。人によっては、この本の読書は修行に似てくる。歴史や政治が隠されて、霊魂の光速だけが描かれるからだ。
 私は2022年6月の『吟醸掌篇』Vo.4に「霊魂は如何にして闘うか」という短文を書き、〈日常からは消し去られている内面に潜在するはずの記憶と呵責が生み出す霊魂〉の実存について、金石範「魂魄」、崎山多美「ピンギヒラ坂夜行」、パク・ソルメ「もう死んでいる十二人の女たちと」という3篇を連続させて論じている。
 その前には、金承鈺『生きるということ 金承鈺作品集』の書評「霊魂の速度」を愚銀のブログに発表している(2021年11月)。金承鈺にとって、追い詰められた実態としての自己が、生活や欲望から自由でない実存であるという矛盾が容認しがたく、霊魂が肉体を離れて光速で飛んでいくという形而上の「経験」を認めた。
 これらの作品では、歴史の呵責や後悔、自己否定の認識が生み出す霊魂が描かれたのだが、ペ・スアが書いたのは意志のない霊魂だ。まず、私は記憶がすべて消えている。
 国籍不明のこの小説の主人公らしい女である私は、廃墟を誘発する者だ。7歳のときに家を壊した。下着を焼き、家族を焼き、眠ったまま深くうなだれて歩いた者だ。私は最後まで猶予された書類であり、永遠に読まれない原稿だ。永遠に、そして何度でも新たに書かれるべき一冊の本だ。
 巫女は私の名を「ウル」だと言う。巫女と言っても韓国や日本の巫女を想起させない。アフリカか中南米に巫女がいればこんな感じかと思わせる。
 ウルの手はひとりでに文を書きはじめる。意志によって書くのではなく、多分だが精神的邂逅によって書くようだ。ただ言葉があり、言葉が言葉を産んだのであり、絶えずお互いに役割を変え続ける言葉たちがあっただけだ。
 ウルは女であり、踊る人で、書く人だ。そのつど即興的にノートを広げ、どのページでもいいから埋めていく。ウルは読む人でもある。読むからには演劇する人だ。演劇は誰の意志も同意もないままに始まる。なぜなら演劇とはすなわち現実だからだ。演劇と現実に境界はない。
 子どもであった私たちの踊りと歌が現実を私たちの世界に引きずり込む。私たちは生を発明した。ウルは子どもであり大人であり、生徒であり、旅行者でもある。
 時はいつも前に流れるだけなのか? という疑問が投げかけられる。私たちという物質的な個人は抽象的な時間とともにその感情の原子系を構築するのだと言う。
「母さんが死んだ 私のはじまりのきざしが消えた!」
この抽象的な台詞が意味するものは混沌だ。実のところ「私」「ウル」「母さん」の区別さえ鮮明でない。私は、私たちであるのかも知れないし、彼女であるのかも知れない。あるいは霊魂を食らう毛の長い黒いルーマニア産の牧羊犬の名もウルだ。実はこの小説は、ⅠⅡⅢの3章に分けられていて、それぞれ別の話として読むこともできるし、同じ人物を次元のズレによって別の角度から描いたとも読める。
「ウルは見る目」であり、見られるものである。
 母さんが死んだ家で、私は両腕を垂らした姿勢で死体のように座っている。ウルは過去であり未来である。私の中に〈はじまりの女〉を感じる瞬間、〈はじまりの女〉が静かに燃えはじめる。同時にウルは自分が誰かの幽霊だという感覚を持つ。
 ウルは、踊っているが、同時に肉体から離脱していく犬の霊魂でもある。
 ウルは自分の目に入ってくる未来の美しさも、残忍さも、信じることができない。つまり小説には書かれないがウルは支配される者でもある。ウルは底知れない暗黒によって見られるものだ。
 ウルは遠くにいる。遠くで書いている。ウルは意志や信念、主義を持たず意識さえ失ったまま書き始める。遠くにいるということは、自覚のないまま暗闇にいるということだ。
 文学はウルが書き取った未知の声だ。暗黒の声だ。
 ウルである私には同行者がいる。同行者は黒ずくめの男性だ。彼は無害だ。匂いもしない。彼は自ら失敗する者であり、廃墟を誘発する者ではない。同行者は巫女によって「偽の名」を付けられる。男はウルの古い友だちであるが互いに記憶がない。
 同行者は「霊魂は比喩だ」と言う。彼は演技者であり神の代理人の側にじっとしている。
 ウルによって、あるいは作者によって生は発明される。同行者によってあるいは読者によって生は演じられる。

  一匹のネズミが言った。
  遠くにいるから
  ウルは遅れて来るだろう

 作者は原初をたぐる寄せられただろうか? 読者は遅れてくる原初を発見できただろうか? 不明。
さて小文はネタバレにはほど遠い。個人の感想です。
解説は巻末の訳者あとがきをご覧あれ。丁寧です。詳細です。斎藤真理子さん、どれだけ読んでるの

« キム・スム『さすらう地』岡裕美訳 新泉社 | トップページ | エリザ・スア・デュサパン『ソクチョの冬』 »

韓国文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キム・スム『さすらう地』岡裕美訳 新泉社 | トップページ | エリザ・スア・デュサパン『ソクチョの冬』 »