フォト
無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« ペ・スア『遠きにありて、ウルは遅れるだろう』 | トップページ | ペク・ナムリョン『友 벗』 »

2023年3月16日 (木)

エリザ・スア・デュサパン『ソクチョの冬』

エリザ・スア・デュサパン『ソクチョの冬』原正夫訳 早川書房
他者との邂逅

Photo_20230316200901  韓国は人口も産業もソウルに一極集中している。有名大学もK-POPも最新のグルメもソウルに集まっている。
 フランス語作家エリザ・スア・デュサパンの描いたソクチョは田舎だ。ソウルの北東、春川(チュンチョン)の東に位置する夏の観光地だが、小説はタイトル通り正月前後冬の束草(ソクチョ)が舞台だ。冬のソクチョは雪に覆われている。ソクチョは海水浴客で賑わう町だが、冬に訪れても何もないしとても寒い。そしてその冬はマイナス27℃にもなる近年稀に見る寒さだった。
 主人公で女性のわたしは、朴老人が営む古ぼけた旅館に勤めている。わたしはフランス人の父と韓国人の母の間に生まれたが、父とは会ったことがなく、水産市場で働く母に育てられた。
 小説はわたしが勤める旅館にフランス人の男性が訪れるところから始まる。男は1968年生まれのヤン・ケラン。バンド・デシネというフランス語圏漫画の作家だ。旅館に滞在して自分の作品の最終巻を書こうとしている。
 旅館にはほかに日本人の登山家や、美容整形した後の療養で彼氏と一緒に滞在している顔に包帯の少女などが宿泊していた。
 わたしの恋人は江南のタレント事務所に所属が決まってソウルに行ってしまう。
 ケランは淡淡と街や寺や雪岳山(ソラクサン)国立公園、非武装地帯などを見学しては宿に戻って、自分の部屋で絵を描いていた。わたしの作る韓国料理には手を付けなかった。
 ケランの絵は、本物と見まごうばかりの雪が白く輝き、まるで表意文字のようだ。
 フランスと韓国の地政学的な差異や、ケランの食事に象徴的に表れる文化的差異が、二人の思考のねじれを感じさせるが、わたしはケランを案内したり世話しているうちに親しくなっていく。
 自由の国フランスから来た漫画家が滞在するのは、休戦中とはいえ戦争状態が解消されていない韓国の、北朝鮮との境界線に近い土地ソクチョだ。
 美容整形が気楽に語られる社会風土や、ソウルの芸能事務所に所属してソクチョから出て行く恋人の配置は、魚市場で働く母の実体のある生活とは背反しているように見える。虚栄と実体が共存していて、両者が違和感なく語られるのが資本主義的成長の歪みだ。
 ケランはラジオから流れるK-POPグループの新曲にも眉をひそめる。資本の垢にけがされない原初的な何かをケランは見つけようとしたのに違いない。わたしはそういうケランに共感していく。
 ケランという他者の目を通してソクチョの冬を見直すわたしは、他者である筈のケランにシンパシーを感じ、他者の視点を獲得していくかに思える。一方、ケランもわたしというソクチョの若い女性の言葉にインスピレーションを感じ、自己の作品のヒロインを形作っていく。
 極寒の風景の中で他者と遭遇して自己を発見する。簡潔で繊細な文体が心地よい。
 この小説はフランス語で書かれているが、小説内で使用される言語は英語、韓国語、フランス語の多言語小説だ。その点にも注目しておきたい。
 エリザ・スア・デュサパンは、フランス人の父と韓国人の母を持って1992年に生まれ、フランスとスイスの国籍を持つ。
『ソクチョの冬』はフランス語圏の数々の文学賞の外、2021年には全米図書賞翻訳部門も受賞している。この賞は昨今、多和田葉子の『献灯使』や柳美里『JR上野駅公園口』も受賞していて日本でも知られるようになった。
 この小説がデュサパンの最初の作品で、第2作は在日朝鮮人をモチーフにしていると聞く。その翻訳出版にも期待したい。

« ペ・スア『遠きにありて、ウルは遅れるだろう』 | トップページ | ペク・ナムリョン『友 벗』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペ・スア『遠きにありて、ウルは遅れるだろう』 | トップページ | ペク・ナムリョン『友 벗』 »