フォト
無料ブログはココログ

« 黄晳暎『張吉山』全10巻 鄭敬謨訳 | トップページ | クォン・ヨソン『まだまだという言葉』斎藤真理子訳 »

2021年11月29日 (月)

金承鈺『生きるということ 金承鈺作品集』

霊魂の速度
金承鈺『生きるということ 金承鈺作品集』青柳優子訳 三一書房

 金承鈺(キムスンオク)の小説のテーマは不安である。
Photo_20211129203902
 金承鈺は、1941年生まれで1960年代に作家として活躍し、ハングル世代作家と呼ばれた。植民地時代から一線を画した民族的世代であり、李承晩政権を倒した四・一九世代とも呼ばれた。しかし四・一九世代は朴正熙の軍事クーデターによって文化的自由を奪われた世代だ。朴正熙の死後は全斗煥が光州民主化抗争を弾圧して再び軍事政権を建ててしまった。金承鈺の作品は、民主主義が追いやられた開発独裁の時代が背景だ。
『生きるということ 金承鈺作品集』は、作家活動を止めていた金承鈺が翻訳者である青柳優子に託した作品集だ。収録された掌編の殆どは1981年までに書かれている。
 金承鈺が描いた市民は、故郷を離れソウルに集まらざるを得なかった人々である。政治と経済の総司令部ソウルで、市民の生活や日常のなかに潜む不安定を、政治的な説明なく描いていく。方法はリアリズムであったりSFであったりするが、描かれる市民生活の背景にある政治が直裁に書かれることはない。
 例えば、新聞社を首になった男のアパートの電気が止められても、金承鈺が描くのは蝋燭を灯す家族の姿だけだ。
 金承鈺は不安を描いた。不安定な社会に生きる市民の不安は、死の横に生きる作家自身の不安であったはずだ。現代史に生きた韓国人の生は死に直面していた。
 1970年代、金承鈺は逮捕された詩人金芝河(キムジハ)の救命活動に奔走した。金承鈺は金芝河の親しい友人だった。金芝河は1970年に朴正熙の維新体制を批判した長篇風刺詩「五賊」を発表して反共法違反で検挙された。日本の読者が最初に大衆的に知った韓国の詩人だ。
 エッセイ「私が会った神様」(2004年)は、訳者青柳優子によって抜粋編集されたものだが、それでも金承鈺ファンには興味深い。金芝河救命に関わったことや、1980年に起きた「光州事態」に受けたショックで小説が書けなくなった心象、執筆できなくなりキリスト教に傾倒していった自己の姿が描かれている。
 Photo_20211129204601  1984年『健康時代』という月刊誌の主幹をしていたころ〈女性問題による誘惑を感じていた。〉といったようなことが率直に書かれていて、お相手はあの人かなあ、などとゲスなことを想像してしまう。
「生きるということ」は、死を考え霊魂の行く先を想像することである以前に、性の問題なのだった。
 ここに収められた幾つかの掌編にも性の混乱が描かれている。精神以前に肉体的にも不安だったのだ。
 政治という現実の矛盾に翻弄されて小説を描けなくなって信仰に傾倒していく過程でも、言うに言われぬ煩悶にのたうったに違いない。
 もともと霊魂を想像していた金承鈺にとって、追い詰められた実態としての自己が、生活や欲望から自由でない実存であるという矛盾は容認しがたい。熱心な信仰に救いを求めたのは当然のことだったかも知れない。
 1981年の12月には〈私の霊魂が肉体を離れて真っ暗な状態、つまり天(霊魂世界)を非常な速度で飛んでいく経験をした。〉と書いている。
 金承鈺は、「死のあちら側」の暗黒に霊魂が飛行する速度は、光よりも数億倍速いと考えていた。形而上に生きる決意をした金承鈺は「健康時代」主幹の名刺を捨てた。
 金承鈺とほぼ同世代の黄晳暎(ファンソギョン)は「神」や「霊魂」という言葉ではなく、「幽霊」についてこう言っている。
〈信川(シンチョン)虐殺に関する小説『客人(ソンニム)』を書いて、当時の目撃者に会いその回想を取材するうちに、幽霊はいると考え直すようになった。まさに「幻覚」は、私たち自身の内面に潜在する記憶と呵責であり、みずからが日常から消してしまったもうひとつの歴史の顔だったのだ。〉(『囚人』Ⅱ 中野宣子・舘野晢訳 2020年12月 明石書店)
 黄晳暎の「幽霊」と金承鈺の「神」は似ている。しかし方向性は違った。
 収録作中「偽物と本物」(2014年)は断筆後の最新作のようだ。
 読者は、夫と離婚が決まり別居中の女性が投資に失敗して自暴自棄になって母子心中したニュースと、夫を癌で亡くして懸命に働いたけれど、娘の医療費にも事欠き、それでも家賃・光熱費などはきちんと支払ってから選んだ母娘心中とを比較する。
 些か教訓話めいて鼻白む思いがする。金承鈺は両者の霊魂の速度が違う、行き先が異なると思ったのだろうか。題名は余りにも俗っぽい。通俗な道徳によって、内面の呵責に自ら赦しを与えてしまうのなら、霊魂に速度はなく滞ってしまう。
 巨星金承鈺は黙してこそ、その霊魂の速度をあげる存在のようだ。

* 筆者は金承鈺作品の書評をこれまでにこのほか2本書いています。ご参照ください。
「不条理な社会に個人の厭世は対峙しえるか―金承鈺『霧津紀行』」
「屈従と暗澹の不条理な社会に生きる―金承鈺『ソウル1964年冬』」

« 黄晳暎『張吉山』全10巻 鄭敬謨訳 | トップページ | クォン・ヨソン『まだまだという言葉』斎藤真理子訳 »

書評」カテゴリの記事

韓国文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄晳暎『張吉山』全10巻 鄭敬謨訳 | トップページ | クォン・ヨソン『まだまだという言葉』斎藤真理子訳 »