フォト
無料ブログはココログ

« ウン・ヒギョン『鳥のおくりもの』 | トップページ | 栗林佐知『仙童たち』未知谷 »

2019年12月27日 (金)

キム・ヘジン『中央駅』

心はどこにあるのか
キム・ヘジン『中央駅』生田美保訳 彩流社

Photo_20191227095801 この小説の主人公はクズだ。キャリケースを引いて駅舎を回り広場を横切り、工事中の中央駅に寝床を探しに現れた若者だ。
〈誰かが夜の端をつかんで無限に引っ張っている。〉男は浅い眠りに落ちては覚めてを繰り返す。流されるままに流され船が転覆すると溺れてもがく。救いの手は何度も差し伸べられるが、自尊心と自暴自棄が綯い交ぜな心は、手を振り切って更にもがく。
 唯一の所有物であったキャリケースを盗まれると、盗んだ女を捜し続け打擲し犯し今度は女に執着する。男は、手の施しようがないほど肝臓を病んだアル中の女を愛するが、所詮無くしたキャリケースの代わりでしかないことに気づいていない。
 男は暴力で虚勢をはって自分以外のホームレスとは違う自己を保とうとする。自分より弱い者を殴る。嘘をつき、盗み、奪うことに慣れてしまっている。信頼されて病院へ連れて行くように頼まれた少女をモーテルに連れこんで犯して追い出し、手術費用を奪う。病気の女を手元に置いておきたいために入院させないあらゆる卑怯な努力をする。
 金のために貧しい人たちが住む家々を破壊し、殴り蹴り上げ自殺へと追い込む。目前の享楽や目的のためにファナティックに行動するが、それで得たものさえひと晩で失う。
 駅を中心に都市がどんどん新しく改造されていく。病に侵された都市の肺腑にメスをいれ引っかきまわして新しいものを作っていく。古くて汚いものは暴力によって排除されていく。
「世の中に関係のないことなんてない。どんなことであれ、俺たちは少しずつ責任があるんだ。そう考えないとなにもできない」と語るチーム長の言葉に真実があるとしたら、男が女にしがみついているのも意味の無いことだは言い切れない。それを愛と呼べるかどうかはともかくとして心なくして足掻くことはない。
 ホームレスを追い出し駅の広場は瀟洒に産まれ変わった。男は上手くいかない状況を女のせいにして衰弱した女を責めようとして、また自己嫌悪に陥る。住民登録証さえ酒と暴力と引き換えに失ってしまう男の存在の意味は無政府状態であるはずなのに、男はとことん束縛されている。
 生きることより死なずにしぶとく息をつないでいる自分自身を目の当たりにすることが苦痛だ、と自身を慰めるが、男には社会に抗う思想はもちろん、自ら死を選ぶ発想すらなく、再開発に伴う貧困地帯破壊の隊列に並んで前進する。思い出も記憶も信じない男の末路だ。過去も未来も捨てた男は命令されるままに人びとの生活の破壊者として振る舞うことになる。
〈しかし今、俺は駅舎の光ではなく、それをがっちりと抱え込む巨大な闇のほうを見る。もうその深さと広さを疑いはしない。〉
 もし読者が、ヘルメットのシールドを下げ、白み始めた空を見上げる男の姿に微かにでも光を見出そうと努力するならば、裏切られるに違いない。この小説が描いたのはあくまでも深い闇なのだ。無為な人間にとって、生きることは捨てても捨てても捨てきれない時間、ずっと夜なのにまだ夜である時間だ。そこに心はあっても愛はない。人生を廃棄した人間が愛を持つことができるだろうか。絶望のなかに愛は存在できるか。孔枝泳『私たちの幸せな時間』のユンスも底辺でもがく若者だったが、ユンスには燃えるような憤怒があった。怒りは裏返せば愛になる。たとえ死刑囚でも救われるのだ。『中央駅』の「俺」は救いようがない。
 キム・ヘジンは夏目漱石や中野重治がインテリの心を描いたのと違い、格差社会のホームレス最底辺の貧困青年の救いようのない心を描いて読者の前に突きつけた。
 作者キム・ヘジンは〈すべての物語が内と外の境界で生まれ、それがある個人的な闘争の過程であるならば、〉と仮定した。男はその境界を危なっかしく歩いている、と。
 作者については「訳者あとがき」に詳しい。『中央駅』より後に上梓された『娘について』のほうが先行翻訳出版されている。

« ウン・ヒギョン『鳥のおくりもの』 | トップページ | 栗林佐知『仙童たち』未知谷 »

書評」カテゴリの記事

韓国文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウン・ヒギョン『鳥のおくりもの』 | トップページ | 栗林佐知『仙童たち』未知谷 »