フォト
無料ブログはココログ

« 黄晳暎『モレ村の子どもたち』 | トップページ | 廉想涉『驟雨』 »

2019年6月21日 (金)

原佑介『禁じられた郷愁 小林勝の戦後文学と朝鮮』

原佑介『禁じられた郷愁 小林勝の戦後文学と朝鮮』新幹社
小林勝のポストコロニアル文学を読む意義

 Photo_20190621230001 昨今の「韓国ブーム」は女子中高生をして「韓国人になりたい」とまで発言させている。10代向けの雑誌には「韓国人に近づける」メイクやファッションの記事が毎号のように掲載されているのだそうだ。韓国好き女子のあいだでは「オルチャンファッション」「オルチャンメイク」などの韓国語が若者ことばとして飛び交う。韓国ドラマに始まった韓国ブームは、アイドルグループなどのK-POPから、韓国料理、韓国旅行、韓国映画、今や韓国文学まで人気だ。これに異議申し立てする気は無い。ここには主従関係が無い。平等だ。カッコイイ韓国の文化に日本人が憧れて何が悪い。
 しかしながら、ここに示される日本人の憧れの対象は「韓国」であって、朝鮮民主主義人民共和国はもちろん在日朝鮮人も除外される。若者の「韓国に対する憧憬」には、かつて日本が植民地支配した朝鮮に対する自責の念を見つけることは難しいだろう。それでも韓国蔑視で優越感を得る唾棄すべき差別的な日本人意識から遠い「韓国ブーム」を批判する気はそもそも無い。
 ただかつて「韓国」は日本が植民地支配した朝鮮半島の南半分を支配する行政区域であるということを知って欲しい、とは思う。
 そして、朝鮮から引き揚げて朝鮮に対する苦悩を小説として書き続けた小林勝という作家がいたことが知られるようになったらどんなに喜ばしいだろうか。そんなことを、原佑介の『禁じられた郷愁』は考えさせる。
 第二次世界大戦で日本が負けた相手はアメリカだと、日本の国民的記憶は形成されてきた。しかし歴史はそう単純ではない。1931年からの日中十五年戦争や、南方での日本軍の疲弊を無視することはできない。そして〈旧植民地が脱植民地化の過程でこうむった苦難〉に目をつぶってしまえば、傲慢に改竄された自国美化の歴史意識のもとに、再び特権階級による人民支配がはじまるだろう。
 かつては支配的だった「植民地支配肯定論」は現在も跋扈していて、所謂「従軍慰安婦」(その実は戦時従軍性奴隷)や朝鮮人徴用工の問題をまるで無かったことかのように振る舞う安倍晋三政権とTVコメンテーターの発言に反映されていないだろうか。
 原佑介はこれを〈朝鮮を近代化し、朝鮮人を皇国臣民化することは「朝鮮の興隆にすぐ役に立つ」(たった)のだ、という功利主義に対する不動の信仰のようなものにもとづいている。〉と言う。 「近代化」や「文明化」と聞こえの良いことを言うが、金を恵んでやったのだから、朝鮮の民族性、言語や風習、「魂」は捨てろという民族帝国主義の傲慢だ。ところが経済援助されたのは朝鮮の人民ではなく親日派富裕層であり、韓国の特権的財閥に過ぎなかった。日本が援助した開発独裁が韓国経済を「発展」させたとしても、韓国民衆が有り難がる所以にはならない。まして朝鮮民主主義人民共和国の公民には形式的な補償さえなされていない。
 小林勝の文学、原佑介の言を借りれば〈小林勝のポストコロニアル文学は、まさに日本人と朝鮮人のあいだに深々と横たわる「断絶」を凝視する営みだった〉のである。従って小林勝文学はちょうど在日朝鮮人文学のカウンターパートにあたると言える。なかでも金石範や呉林俊とは共鳴しあったようだ。呉林俊は画家で詩人で峻厳な批評家だった。
 原佑介は、小林勝が肺結核を患った共通性からと思われるが堀辰雄と比較しているが、ほぼ同世代でやはり肺結核で、右肺葉切除、肋骨八本を失った在日朝鮮人作家金泰生に言及されなかったのは寂しい気がする。
 それにしても、今顧みられることの殆ど無い小林勝について、今までに無い長編評論が上梓された意義は大きい。因みに筆者も2002年発行の『韓国・朝鮮と向き合った36人の日本人』(明石書店)で小林勝を担当して寄稿しているが、あたりまえの短文である。
 もともと小林勝の読者は少ない。1975年から76年にかけて全5巻の『小林勝作品集』が白川書院から発行された。編集委員に野間宏、長谷川四郎、菅原克己、中野重治とそうそうたる名を連ねた。この文学史に地位を占める有名作家たちが解説も書いたが、新日本文学会系の作家たちの営業力不足か。商業ベースで話題にならなかったのだろう。殆ど売れなかったらしい。時代に嫌われたのかも知れない。
 原佑介が今さら忘れられた作家を掘り起こし、ここまで詳細に、多角的に掘り下げた意味は何か。小林勝文学を考えることは、日本人が朝鮮(南北の政治的支配の枠を越えて民族としての)とどう向き合ってきたか、向き合っているか、向き合って行くべきかの示唆を受けることだ。
 日本人の朝鮮への愛憎と共に、小林勝は現在も生きている。小林勝を生かすことに日本人の未来はかかっている、と原佑介は思っているに違いない。

« 黄晳暎『モレ村の子どもたち』 | トップページ | 廉想涉『驟雨』 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄晳暎『モレ村の子どもたち』 | トップページ | 廉想涉『驟雨』 »