フォト
無料ブログはココログ

« 金時鐘×佐高信『「在日」を生きる』 | トップページ | イ ヒョン『1945,鉄原』 »

2018年3月27日 (火)

キム・グミ『あまりにも真昼の恋愛』

エメラルド色の輝きで彷徨う
キム・グミ『あまりにも真昼の恋愛』すんみ訳 晶文社

Photo
 『あまりにも真昼の恋愛』に収められた短篇すべてを一読して、李箱や金承鈺を思い浮かべた。そのどちらにも似て、また似ていないが主人公たちの生きる社会に強いられる不条理の空気感に同質性を感じる。しかしながら日本帝国主義支配下だったり軍事独裁政権下で生きる庶民の閉塞感とは違う、むしろ現代日本に蔓延する諦念に似た雰囲気が描かれる。
 表題作「あまりにも真昼の恋愛」では、平社員に降格された30代半ばのピリョンが、小劇場の舞台に立つヤンヒと再会して、自分の生きてきた普通の人生に疑問を持つ。家庭を持ち出世するために働いてきた自己を振り返るが、引き返すには現実は重すぎるだろう。
 「趙衆均の世界」では、試用期間中の私は50前の歳で何の役職でもない趙衆均
(チョジュンギュン)氏と仕事をしていくうちに、趙衆均の変わった生き方に惹かれていく。趙衆均氏は校正の仕事に執拗に食い下がり日程に間に合わない。趙衆均氏は学生時代にデモに参加して警察に捕まったことがあり、その頃の仲間が「過ぎ去った世界」という名の酒場をやっている。マスターはかつて死刑囚だったらしい。趙衆均氏が解答用紙に書いた詩が「過ぎ去った世界」だ。
 「セシリア」の私は学生時代の先輩と離婚経験があり、今は小論文の講師をしている。私は学生時代から仲の良い友だちがいなかったセシリアを訪ねた。芸術家のセシリアは、あなたが訪ねてくると思ったと言い、別れ際にはもう来ないでと言う。
 これらの作品では平凡と非凡が対象されていると読むことができる。この世界に順応して生きる閉塞感と、順応しない絶望感とどちらが自由だろうか。答えは明確ではない。
 「半月」の少女は、母が借金を作ったため、ほとぼりが冷めるまで叔母さんの住む島に行くことになった。叔母さんは島で唯一の保健所で医師の仕事も兼ねた看護師をやっていた。都会の生活にも苦悩はあるが、田舎にも生きる闘いがある。
 「肉」の夫は〈お金がもらえる仕事は、卑しくて汚いことばかりだ〉言う。私たちはみな卑しくて汚いことばかりやって生きてきたのかも知れない。
 「犬を待つこと」の彼女は、自分が限られた階層や傾向の人たちの枠から出ていないことに気づいていた。〈彼女はよろけながら抱きついてくる犬を頭に浮かべた。ただ犬だけが彼女をまっとうに見つめてくれていたと思うと悲しさに襲われた。〉彼女は失うことによって初めて人生を考え直したのだろう。亀裂を感じて展望を考えた。
 「私たちがどこかの星で」の彼女は孤児院出身で新米看護師だった。孤児院の賄いおばさんから、孤児院がつぶれそうなので寄付をお願いする手紙が来ていた。
 公平な愛を見せるシスターと子どもたちの関係、看護師である彼女と患者の関係、彼女と賄いのおばさんとの関係、来年も彼女がこの病院で働けるかどうかの鍵を握っている看護師長と彼女の関係などは、すべて「非対称性、不均質性に由来する社会的諸関係」
(山城むつみ「カイセイエ」『すばる』2018年3月)と呼べる。その関係は常に暴力性を帯びている。唯一ドアマンと彼女の関係だけが対等に感じられる。
〈彼女はスズの兵隊のように焦がれる恋に苦しんだあげく、告白を待っているのかもしれなかった。ここは大きな病院で、痛みのない人はいないから。皆が不完全で、それだけは公平な世界だから。〉
大きな病院とは、この社会そのものの象徴であると思われる。〈彼女は患者を連れて移動しながら、いまだに道に迷った。〉
 新人が着るエメラルド色のユニフォームを着た彼女が、新米であるが故の輝きを失わないまま道に迷い歩き続けていくさまを、希望の姿として捉えたい。
 「普通の時代」が描いたのは、この社会が手抜き工事で作られた土台の上に建っているという事実だ。
 「猫はいかにして鍛えられるのか」は、オストロフスキーの長編小説を彷彿させるタイトルだが、不屈の精神で革命戦争を導くようなタイプを描いてはいない。モ課長はただ自分の技術を生かしたいだけで、誰にも与しない。リストラのための職能啓発部へ異動になるが、他の社員たちと強調せず、たんたんと課題をクリアしていく。そして退社後には迷い猫探しに勤しんで「猫探偵」と呼ばれる。モ課長は猫を迷子にしてしまった飼い主には厳しいが、自分が勤める会社や生きている社会には批判の目を持たない。〈流れるままに流されればいい〉と思っているが、社長との圧倒的な価値観の違いを知ると、クビになった人たちが煙突に設置しかけた垂れ幕を読むために煙突を登り始める。
 この社会で人は被害者でありながら加害者であるかも知れないことに気づけないでいる。加害性は社会に強いられ、差別性は気づかないうちに生み出され育まれる。
 メッキさえ剥がれ始めた酸素不足の社会で私たちが意識しなければならないものは何か、読まされた気がする。

« 金時鐘×佐高信『「在日」を生きる』 | トップページ | イ ヒョン『1945,鉄原』 »

「書評」カテゴリの記事

「韓国文学のオクリモノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571716/66545500

この記事へのトラックバック一覧です: キム・グミ『あまりにも真昼の恋愛』:

« 金時鐘×佐高信『「在日」を生きる』 | トップページ | イ ヒョン『1945,鉄原』 »