フォト
無料ブログはココログ

« 小沢信男『私のつづりかた』 | トップページ

2017年6月26日 (月)

パク・ミンギュ『ピンポン』

世界に「あちゃー」されたモアイ

パク・ミンギュ
(斎藤真理子訳)『ピンポン』白水社

Photo 自民党の豊田真由子議員が自分の政策秘書に暴言を浴びせた上暴行までしていた。運転中の秘書の顔を後ろから殴りつけるなど尋常ではない。パワハラを超え暴行罪だ。より大きな権力を持つものが下位の者をいたぶる。テレビでは心理学者が、サディスティックパーソナリティー症候群の可能性があると言っていた。相手が痛がり苦しむ姿を見て、自分が上位にいることを確認して喜ぶのだそうだ。政治家の社会に限らず、そんな奴はどこにでもいる。彼らは上位者には従順だ。
 慶応大学や千葉大学の学生が犯した、酔わせて抵抗出来なくなった女子学生に輪姦するという「準強姦」も最近のことだ。ジャーナリスト山口敬之が女性を強姦したと訴えられた事件も、酒に混入した薬物で抵抗できなくなった女性に対するものである可能性が高い。山口はアベ政権を擁護する論陣を張りアベ総理を讃える本を出版している。そうした功績が影響したのか不起訴になったため、被害者女性が顔を出して記者会見した。
 孔枝泳『トガニ』は、障害者に対する施設経営者の暴行と町ぐるみの隠蔽との闘いを描いた。木村友祐『野良ビトたちの燃え上がる肖像』では、社会から締め出され追い詰められた河川敷に暮らすホームレスたちの姿が描かれた。
 韓国の鬼才パク・ミンギュの小説『ピンポン』のモチーフはいじめられっ子だった。
 『ピンポン』は二人のいじめられ中学生「釘」と「モアイ」の物語だ。常に釘のように叩かれ頭蓋骨に罅が入ったことさえある釘。暴力を振るわれても逆らわず無表情なモアイ。二人は学校の不良チスと子分たちに殴られることによって、従属している。釘は、いつチスに呼び出されるかびくびくしている。チスにとってモアイは資金源で釘はパシリだ。チスたちのイジメは凄惨だ。グループの全員に犯され援助交際で稼がされていたマリは10階から落ちて死ぬ。釘はチスを殺したいほど憎みながら、マリを薄汚いものとして毛嫌いしている。モアイは達観している。地球が滅べば良いと思ってさえいる。読者から見れば二人は諦念に取り憑かれた敗者でさえある。しかし諦めて社会に従順なのは、イジメを傍観する中学生たちや学校そのものも、また世代を超えて社会も同じだ。
 いつもの原っぱでさんざん殴られたあとで、二人の前に突如として卓球台が現れる。そして釘とモアイは卓球を始める。卓球用具店の主人セクラテンは「自分のラケットを持つということはね、いってみれば初めて自分の意見を持つってことなんだよ。」と言う。

   卓球はね、
 
   原始宇宙の生成原理なんだ。今や卓球が残っているのはここ地球だけだ。よそはどこでも、「結果」による「結果」を目指して進行するようになって久しいが、ここでは……まだそこまで行っていない。だから人類はまだ卓球をしているのさ。結果をだせなかったのは人類だけなんだから。

 世界に「あちゃー」された釘とモアイの人類を賭けた卓球が始まる。相手は唯々生存のために本能でレシーブする鳥とネズミだ。二人は助っ人に選んだ歴史上の偉人ラインホルト・メスナーとマルコムXの後を継いでラケットを振り続ける。鳥とネズミはどんな玉でもひたすら正確に返してくる。退屈なラリーが何日も続く。
 たぶんそういうことに意味があるんだろうなと思う。ひたすら卓球ラケットを振り続けることに。なぜならそれは反従属だからだ。
 マリーナ・アブラモヴィッチのパフォーマンスRhythm 0(リズム0)は、人間は抵抗されないという条件の下では、他人を非人間的に扱い簡単に傷つけることを示した。パク・ミンギュの指し示した社会とは、そういう世界だ。パク・ミンギュは、同時に存在する別次元の世界「卓球界」も差し出した。ラケットは作家にとっての言葉なのだと思う。
 豊田真由子の秘書はついに豊田の暴言を録音して晒すという抵抗を見せた。文部科学省の元次官は黙っていなかった。アベ政権と親しいジャーナリストに強姦された性被害女性は必死の覚悟で記者会見に臨んだ。
 しかし世界に「あちゃー」された釘とモアイの、行く末は未だ見えてこない。

« 小沢信男『私のつづりかた』 | トップページ

「書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571716/65461991

この記事へのトラックバック一覧です: パク・ミンギュ『ピンポン』:

« 小沢信男『私のつづりかた』 | トップページ