フォト
無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月に作成された記事

2017年4月14日 (金)

金哲『植民地の腹話術師たち─朝鮮の近代小説を読む』

植民地出身者として近代と対峙しながら生み出した  近代文学
                      金哲著、渡辺直紀訳『植民地の腹話術師たち─朝鮮の近代小説を読む』

Photo
 曺泳日(ジョ・ヨンイル)は『世界文学の構造』において、韓国は近代文学が発展することのできる歴史的条件を備えていない。〈近代文学が発達した国と、そうでない国の違いは〉〈その国がナショナリズムを経て帝国主義までを経験したかどうかによります。〉と書いている。〈近代文学とは、本質的に「戦後文学」だ〉というのだ。日本に当て嵌めれば日清・日露戦争を経てこそ夏目漱石という国民作家の誕生を得た。曺泳日の、近代文学は近代国家になる「国民戦争」を経験して成立した長編小説を示しものであり、韓国に近代文学は成立しなかった、とする論は些か飛躍がすぎる。曺泳日自身も使っているように韓国の文学史においても「近代文学」という言葉は生きている。「韓国近代文学」あるいは「朝鮮近代文学」ということばが普遍的に使われている事実をおいて、その存在自体を抹消するのは度が過ぎている。今さら李光洙の作品は近代文学ではないと言っても始まらない。しかしヨーロッパ諸国や日本など先進資本主義国家における近代文学と、朝鮮近代文学との違いという意味でなら曺泳日の論は正当だ。
 金哲(キム・チョル)『植民地の腹話術師たち─朝鮮の近代小説を読む』は朝鮮近代文学の特殊性について、朝鮮の近代小説に具体例を取りながら解読している。金哲の前提としたのは、〈朝鮮近代文学の建設──それがすべての植民地作家たちの目標であり存在理由であった。〉という理念だ。
 朝鮮近代文学の草創期の作家らは「構想は日本語で、描くのは朝鮮語で」という植民地出身者として近代と対峙する煩悶を持った。近代とは何か。近代社会を決定づける要素とは何か。金哲は〈近代国家建設の最も重要な要素は、鉄道や電信、電話、郵便などのような新しい交通と通信の手段である。〉と書いている。近代小説はエロティシズムと不可分の関係にある近代的個人を描く様式であり、19世紀末以来韓国社会は「英語=アメリカ=文明=世界」という表象構造を一つの強迫として受け止めながらも、韓国小説はこのような社会現象を反映したが、それは同時に「民族」を発見することに繋がった。
 そして、韓国(朝鮮)語の近代化は、植民地宗主国の言語である日本語との混成を通じて成立している。しかも朝鮮語・朝鮮近代文学草創期の言語確立の死闘の末に驚くべき創造の結実を見た。日本語が侵入し、朝鮮語が圧迫され、やがて使用が禁止される1930年代後半から1945年の解放に至る期間は「暗黒期」「空白期」ではなく、むしろ「韓国語」(朝鮮語)と「韓国(朝鮮)文学」の他の可能性が模索され遂行される、躍動的かつ活力に満ちた時期でもあったと規定する。こうした金哲の逆転の発想は意外に画期的だ。
 金哲は「韓国文学とは何か」という根本的問いを自明のものとしなかった。
 1917年に発表された李光洙の『無情』は純ハングル文体で書かれている。純ハングル文体でのエクリチュールはきわめてはやく定着した。純ハングル体の小説エクリチュールこそ、植民地における最も明白かつ確実な自律的領域だ。韓国語が外国語に匹敵する、いわば韓国語による近代文学は成立しうるものだと論証して見せたと言えよう。
 本書は、李光洙・金東仁・李孝石・蔡萬植・金南天・朴泰遠・李箕永・張赫宙・金史良など多くの朝鮮人作家を取り扱い、13篇の短篇評論を13章に組んで一冊としている。表題作「第12章 植民地の腹話術師たち」には、本書の副題とは異なる「朝鮮作家の日本語小説創作」が付いている。この主題はこれまでにも多くの研究者が論じてきているが、本書では余りに短文過ぎて議論としては物足りない感じが残るのがやや残念だ。
「日本の読者に」に書かれた著者の次の言葉が、意識の高さ深さ、民族主義に囚われない新しさを示している。

  特定の集団への帰属を自らの根拠としない人たち、自分だけのことばで語ることに邁進するすべての人々に、深い連帯の気持ちを込めて本書を捧げたい。

2017年4月 8日 (土)

三浦正輝と聖人たちの領域

三浦正輝「消せぬ風音」
──新日本文学賞受賞その後

Photo 日本に数ある新人文学賞のなかでも新日本文学賞は特異な位置を占めていた。新日本文学賞を受賞したとしても商業文壇で成功する確率は低いと分かっていた。受賞者には土方鐵や佐木隆三、波佐間義之、評論の高野斗志美らがいたが、佳作がやたら多いのに受賞者は非常に少なかった。1982年に永山則夫が「木橋」で受賞して話題になったが、獄中の殺人犯が文学賞を受賞というゴシップ性が世間ウケしたものだった。殆どの受賞作は世間の耳目を集めることがなかった。
 私にとって最も記憶に残る受賞者は、1994年受賞の三浦正輝だ。この年の授賞は三浦正輝「消せぬ風音」と古岡孝信「夏の家」の二篇の小説だった。しかし注目されたのは佳作に残った見沢知廉「天皇ごっこ」だった。右翼活動家だった見沢が殺人罪で投獄中に書いた小説を応募した。永山則夫に続いてまた殺人犯に文学賞を、ということで小さな炎が上がった。佳作の見沢知廉は作家としての名を残し新潮文庫にも収録されたが、本当の受賞者は忘れられた。それでも古岡孝信はそれなりに地方作家として活躍しているらしいが、三浦正輝の名を聞くことは今はない。
 三浦正輝「消せぬ風音」は、北海道の地方都市に住む親しい関係の中学生たちが、それぞれの如何ともしがたい理由によって別々の町に分かれていく。シゲは学校に来なくなり夜遊び回って喧嘩で怪我したことをきっかけに札幌の親戚に預けられることになる。宮田は隠していた精神障害のある妹が入院した江別に引越する。ぼくは打ち込んでいた剣道部も辞め夜遊びも止め、勉強して地元の高校に進学するが心は虚無が支配している。〈道東のさびれた港町〉で36歳になったぼくは今でも、あの頃と同じ風の音を聞いている。選者の中で「消せぬ風の音」の評価が一番高かったのは針生一郎だった。

   青年の屈折に満ちた心情を柔軟に、こまやかにとらえる文体が、このような虚無感をさぐりだしたのだが、それは自己のアイデンティティあるいは生きがいに対する疑問であるとともに、このような虚無に直面し、それをつきぬけてこそ真の創造がはじまるという意味で、作者にとって文学の原点でもあるだろう。

 シラケ世代の主人公は「あの人達が希望や理想を持って生きていたことは確かだよ。例えそれがどんな終わり方をしたとしても、自分たちの(敵)があの人たちには見えていたんだ」と語る。あの人たちというのは全共闘世代のことだ。理想に向かって闘った人々が羨ましいが自分は虚しい存在だという子どもっぽい逃避気味の虚無感を中学生に語らせた。
 その後私が編集していた文芸同人誌『愚行』(第10号 1996年11月)に寄稿してもらっている。このときは筆名として「アラズ マサキ」を使った。作品は「聖人たちの領域」で400字詰め130枚ほどで「消せぬ風音」より長い。
 美大に通うMは個展会場のギャラリーで小学校の友人と出会う。佐々木友彦の絵は迫力に満ちていた。佐々木は警備員をやりながら絵を描いていた。佐々木の絵は評価され美術雑誌に掲載され、公募展に出品された絵も強烈な何かを周囲に発散し人々の視線を集めていた。Mと恋人の美智子と佐々木の歪な関係のなかで、Mは自身の存在の意味が分からなくなっていた。Mはそれまでの抽象画を止め、卒業制作には精神に障害を持った人々を描いた。〈僕は生まれて初めて自分というものをさらけ出そうと考えているのだと思う。そして、そう考えた僕は作品の中で芸術性を否定しなければならないと考え始めていた。〉無価値な存在である自分の葬送曲を作り出し、自分にとって無価値な自分の一生という小説のための「挿絵」として、精神障害者という「聖人」たちを描いた。一方、佐々木は技術を向上させながらむしろ個性的な可能性を落とし、無惨にも光を失った作品しか書けなくなっていった。
 卒業して美智子と生きていくことに決めたMは父に紹介された会社を蹴って札幌の運送会社に配送助手として就職し、毎日ぼろぼろに疲れてアパートに帰り泥のように眠る毎日を過ごした。
 佐々木の死を知り、聖人たちの絵を海に投げ捨てたMに、美智子は「お別れね……」と呟くが、Mは「……始まりだ……」と言う。希望で終わるラストに救いがあって高慢な芸術青年を描いた暗い小説に仄かな灯りを見せる。
 三浦はその後『新日本文学』1997年10月号に「トイチ」を発表。心的傷害のある男が町の有力者から差別され「浄化」と称して病院に収容されるまでを描いた。(この小説は手元に掲載誌が見つからず再読できていない。)また同誌1998年9月号に「翼の影」というカラスを隠喩的に使った短篇を発表した。その外の作品については分からない。知らないものや忘却したものがあるかも知れない。
 三浦正輝が今どこで何をしているのか分からない。虚無を突き抜けた表現者として生きているのか。あるいはまだ根室で美術教師をしているのかも知れない。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »