フォト
無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月に作成された記事

2017年1月26日 (木)

柳美里『人生にはやらなくていいことがある』

柳美里文学の旋回─孤独から連帯へ

 柳美里と鷺沢萠が2日違いという近い年齢で親しい関係だったということは知らなかった。(私とは띠동갑だ。)そもそも私のなかで柳美里と鷺沢萠は結びつかない。柳美里は在日韓国人家庭に生まれ育ち、その崩壊した家族との格闘からアイデンティティを築いた作家だった。在日朝鮮人である実存性ゆえの誹謗中傷を受け続け闘い続けた。(愚銀のブログ「『貧乏の神様』を読んで『仮面の国』を再読する」 を参照されたい)つまり柳美里のアイデンティティは否応なく在日朝鮮人として存在し、柳美里の文学はそうした実存からいかに飛びだすかという藻掻きだった。
Photo_2 逆に鷺沢萠は常に自分の依るべきアイデンティティを探していた。鷺沢の初期の作品は、経済発展する資本主義日本において、帰るべき故郷を失った人々の彷徨を描き、ついには東京大森界隈に根っことすべき場を発見したかに錯覚した。しかし所詮せんない空理で心を満たすことなく、次には祖母の出身地である韓国にアイデンティティを探す。鷺沢萠は朝鮮人の血が4分の1混じるクオーターだ。韓国に自分の根っこを探し、留学して韓国語を勉強した。鷺沢萠が、どうしようも無く在日朝鮮人である柳美里にシンパシーを感じようとしたのは自然な成り行きだった。しかし柳美里は鷺沢萠が〈朝鮮半島にルーツを持つ同胞だからという理由で親しくしていたわけではなかった。〉探しに探して書いた鷺沢萠に対して、柳美里は〈多くのことを諦め、行き場を失ったわたしに残された唯一のもの、それが「書くこと」だった〉と言う。二人の方向性は真逆なのだ。
 しかし柳美里は仲違いした鷺沢萠に謝罪したかったと言う。柳美里は10数年前自らの出自への旅と深く関わる『8月の果て』(2004年8月)を書いている。北朝鮮に行くと『ピョンヤンの夏休み』(2011年12月)を書いた。鷺沢萠が自殺したのは2004年4月だった。

    人は、物語がないと生きられないのではないでしょうか。
   生まれてから死ぬまで、自分が生きてきた物語はもちろんですが、自分が生まれる前のファミリーヒストリーを求めているのではないか。それは、自分は何故ここに居るのか?というアイデンティティの問題にも関わってくるわけです。自分はこれからどこへ行くのか、その行き先を知るためにも、物語は必要なのです。

  2011年の3月11日、東日本大震災は柳美里の生を変えた。柳美里は居住する鎌倉から福島まで通って臨時災害放送局「南相馬ひばりエフエム」に無料で出演していたが、2015年4月からは南相馬市原町区に移住して現在に至っている。18歳で書くことで生きると決め、書くことだけで生活費を稼いで来た柳美里にとって、お金にならない「書く」行為の意味はなんだろうか。それは名誉でもない。社会的地位の確立でもない。〈本を読む人は「消費者」ではなく「読者」なのです。〉読者は、柳美里が泥臭く地を這うように書いてきたことを知っている。道徳行為の受け手としての生き方から担い手としての苦闘を生きていきたいという発想は、高1で中退した彼女が高卒認定試験に合格して大学で学びたいという指標にも結びついている。絶望の文学から希望の文学へ。孤独から連帯へ。柳美里文学は緩やかに旋回していた。
 『人生にはやらなくていいことがある』は柳美里の近況と思考を書いただけのものではない。熱心な読者であれば文章読本とも読める。ようやく小説の頂きが見えてきたような気がすると言う柳美里の「書く」方法論としても読み逃せない本だ。

2017年1月15日 (日)

梁英聖『日本型ヘイトスピーチとは何か』(影書房)

レイシストヘブン差別の王国 日本を撃て

Photo 崔実『ジニのパズル』で表出された在日朝鮮人を覆う日本の現実は、読者の一部がいかに曲解しようとも、悪の北朝鮮教育をする朝鮮学校などではなく、レイシズムに犯され傷つく少女の姿であり、朝鮮学校は彼女を懸命に支えようとしながらも力足りず、ジニの同級生の心さえ痛めてしまうものだった。ジニや朝鮮学校の同級生たちが安んじて学べるほどには、日本の市民社会は成長していない。梁英聖(リャン・ヨンソン)の言葉を借りれば〈日本社会に反レイシズム(反民族差別)という社会規範が成立していない〉のだ。
 朝鮮学校は高校無償化の対象から外されている。このようなあからさまな上からのレイシズムがヘイトスピーチ、ヘイトクライムを生んでいることは言うまでもないだろう。
 在日朝鮮人はなぜ日本に住みながら日本国籍を持たないのか。そして朝鮮学校は制度的に差別され続けるのか。1952年法一二六によって〈無理やり国籍を失わせた在日に対し、当面は日本にいてよいとする、極めて場あたり的で差別的な措置〉が行われた。かつて帝国臣民として労働や売春を強制した朝鮮人から日本国籍を奪い、一般の外国人と同じ扱いにするという見事な歴史抹消がなされた。つまり歴史否定主義政府にとって、侵略も植民地支配もしなかったがアメリカとの正々堂々とした戦にたまたま負けた日本なのであって、不名誉な歴史を証明する朝鮮人や朝鮮学校はそもそもあってはならないものなのだ。だから安倍政権は慰安婦を象徴する小さな少女像の設置に血眼になって抗議し対抗処置まで講ずる。
 日本では政治空間からの差別煽動(上からに差別煽動)が公然と行われ、朝鮮人従軍「慰安婦」の否定、南京大虐殺の否定などの歴史否定がまかり通っている。これは人種差別撤廃条約を批准している欧米各国とは根本的に異なり、欧米極右勢力の目指す見本・目標とさえ思える。もともと安倍晋三は塩崎泰久、菅義偉
(スガヨシヒデ)、高市早苗、下村博文らの現官僚たちとともに、従軍「慰安婦」関係の教科書記述の撤廃や日本の戦争犯罪の歴史否定を進める政治家グループに属していた。彼らは歴史否定を主眼とする国家主義者政権を運営し、ヘイトスピーチに力を与えている。しかし在日朝鮮人に対するレイシズムは今に始まったことではない。戦後すぐに戦前の体制を受け継ぎ、旧植民地出身者の日本国籍が剥奪された1952年体制の成立とともに差別構造は確立された。
 梁英聖は日本に於ける在日朝鮮人差別の実態の歴史を追い、その根源を明らかにしながら、欧米と比較しながら民主主義の行くべき道を明らかにしようとした。その視線は日本の資本主義的構造にまで及ぶ。新自由主義的市場原理及び日本型雇用システムが生む差別構造だ。
 黄英治の小説『前夜』では製パン工場で非正規労働者として働く在日朝鮮人青年を通して、工場での重層的な差別体制内での絶望的な労働に焦点を当てた。彼はやがてヘイト団体に加わって活動していくようになる。日本型雇用システムが生み出したものは単純に貧困労働者だけではなく、それを赦し補完する思想だった。〈市場原理にゆがめられた「戦後日本的人間らしさ」は、人権侵害に奇妙なほど寛容であり、場合によってはそれを「美徳」とみなし助長さえしてきた。……吹き荒れる生活保護者への異常なバッシングは、むしろ市場原理に侵食された「人間らしさ」から正当化されてこなかっただろうか。〉
 反レイシズム規範の確立を妨げる日本型資本主義に、私たちは充分に対抗できていなかった。労働運動が盛んな頃でさえ、運動内部に女性差別や民族差別は蔓延していた。民主市民派の選挙運動のさなかでも同じだった。レイシズムに対抗し、これを規制する連続した闘いこそあらゆる民主主義運動に通底しなければならないのではなかろうか。そのための指針としてこの本は間違いなく役に立つ。
 *『日本型ヘイトスピーチとは何か』は在日朝鮮人に対するレイシズムを中心に論じているので、
岡和田晃 マーク・ウィンチェスター編『アイヌ民族否定論に抗する』なども併読されたい。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »