フォト
無料ブログはココログ

« 津島佑子『狩りの時代』 | トップページ | パク・ミンギュ『亡き王女のためのパヴァーヌ』 »

2016年9月27日 (火)

平野啓一郎『マチネの終わりに』

「過去は変えられるか」問いかける世界文学

 感想をまとめるのは難しい。小説と言っても主題が音楽であり知識の乏しい私の理解がどこまで到達し得ているのか疑問だ。ギタリスト福田進一の同タイトルのCD発売(10月19日)を待つかと思ったが、聞いてからでも私の理解の至らなさは変わらないだろう。無知は音楽に関してだけではない。主人公二人の抱えているものが大きすぎて、簡単に触れられない思いだ。

Photo これは世界的ギタリスト蒔野聡史と国際ジャーナリスト小峰洋子の出会い(2006年)から別れ、そして再会(2012年5月)までの物語だ。この間に二人はほんの数回しか会っていない。40歳を前後して始まる大人の純愛小説だ。
 洋子はクロアチア系ユーゴスラビア人映画監督と長崎で被爆した母との子として生まれジャーナリストとして活躍し、派遣されたバクダッドで爆弾テロに巻き込まれる。舞台は東京─パリ─バクダッド─マドリード─ニューヨーク─長崎と広範囲だ。登場する言語も英語、フランス語、ドイツ語、ラテン語、ルーマニア語、アラビア語、クロアチア語そして日本語と多様で、その大半が洋子の駆使する言語に因んでいるが世界で活躍する蒔野も語学が達者だ。作者平野啓一郎の語学力や音楽に関する広い知識と深い洞察力がこの物語を支えている。この小説はもはや国家や民族言語の枠に囚われていない。
 蒔野と洋子の芸術と政治にかかわる会話が魅力的で、知性で裏打ちされているためか衒学的な嫌みをまったく感じさせない。蒔野は「イラクで一体、俺の音楽に何の意味があるんだろう」と語る。バクダッドで心を傷めPTSD(心的外傷後ストレス障害)のカウンセリングを受けている洋子は、「わたしは、実際にバクダッドで蒔野さんのバッハの美に救われた人間よ。」と応える。洋子はバッハを30年戦争後の荒廃した世界で人々を慰めたのだと譬えた。こういった会話は現実の戦争を肌で感じ蒔野の音楽から信念を得る洋子という理解者と、自分の音楽を模索し苦悶する蒔野という芸術家との良き関係を見事に表出した。それは蒔野を支える年若いマネージャー三谷早苗には理解出来ないものだった。
 パリの洋子の部屋での蒔野の演奏は楽しげで美しい。バクダッドから逃げてきて洋子に助けられたイラク人難民ジャリーラのために洋子が朗読するリルケの詩と、それに合わせて蒔野がギターを奏でる場面は心を打つ。この共感こそ救いなのだと感じさせる。ギタリストとして行き詰まりつつあるためか、蒔野聡史のギター演奏が楽しげである場面は多くない。この場面は後のCD発売時のクレジットに繋がり、愛が確認される遠いきっかけになる。
 更に洋子による蒔野の音楽の正当づけは、芸術家として苦闘する蒔野にとって必須だ。洋子が対峙し同時に内包する世界は、戦争と民族対立そしてテロの恐怖に満ちた現実である。そうした現実を抱える洋子に、あなたの音楽は人類的に愛されているのだと励まされることが、どれだけ蒔野の芸術家としての矜持を立てただろうか。この一夜があってこそ、後に蒔野は東日本大震災後の公演を成功させたはずだ。実はそうした芸術の意味(力)を確認することは、洋子にとっても《ヴェニスに死す》症候群(中高年になって突然現実社会への適応に嫌気が差して、本来の自分へと立ち返るべく、破滅的な行動にでる)からの解放という意味を持った。
「美しい一夜が終わろうとしていた。あとに一体、何があるというのだろう?……」読者への問いかけに、今になって読者である私は肯
(がえ)んじるのだ。
 しかし運命は好転しないことの方が多い。裏切りが二人を分断し、二人は別々の愛の形を求める。洋子の別の愛の破綻はやはり世界に対する価値観の相違が根本にある。金融資本主義支配下における人間性喪失の問題を洋子は看過出来ない。一方、蒔野が早苗を赦し煩悶しながらも寛容な態度を選ぶのは何故か? そこには平野啓一郎が『空白を満たしなさい』で表現した「分人主義」が蒔野の無意識の底辺に横たわっているに違いない。
 洋子の父ソリッチ監督の映画「幸福の硬貨」の思索的背景をリルケの詩「ドゥイノの悲歌」が飾っている。「誰の、誰の歓心を買おうとしてでしょう、決して満足することのない意志に、その身を絞らせるとは。」
 ソリッチが娘洋子に語る言葉は肉親に対する愛情だけではなく、過去を持つすべての読者に差し出されたものだ。「自由意志というのは、未来に対してなくてはならない希望だ。自分には何かが出来るはずだと、人間は信じる必要がある。」
 読者はマチネの終わりに再会する二人の運命をそれぞれに予測し、自身に問い返す。過去は変えられるか?

« 津島佑子『狩りの時代』 | トップページ | パク・ミンギュ『亡き王女のためのパヴァーヌ』 »

「書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571716/64265778

この記事へのトラックバック一覧です: 平野啓一郎『マチネの終わりに』:

« 津島佑子『狩りの時代』 | トップページ | パク・ミンギュ『亡き王女のためのパヴァーヌ』 »