フォト
無料ブログはココログ

« キム・ヨンス『ワンダーボーイ』CUON | トップページ | 葬式の話 »

2016年7月13日 (水)

木村友祐「野良ビトたちの燃え上がる肖像」

反撃は周縁から始まる
Photo 参議院選挙の結果はアベ政権の与党自民・公明の勝利に終わり、改憲勢力によるソフト国家主義への道がまた一歩進んだ。政権に媚びへつらったマスコミの控えめな選挙報道や争点隠しのせいで、今回も低かった投票率では実際の政権支持を表していないとは言え、政治的プロセスは画期を迎えた。しかしながら原発事故汚染後、復興の遠い福島をはじめとした東北各県や、基地問題に揺れる沖縄などでは民主勢力の巻き返しも目立った。
 小説『イサの氾濫』(未來社)で東北のまづろわぬ民の怒りを表した木村友祐の新作は、前作を凌ぐ迫力で統制されようとする社会に生きる野良ビトたちを表出して見せた。トリクルダウンのオコボレにしがみつく我々に生きる意味を突きつけてくる。
 河川敷の住人の一人柳さんはアルミ缶を集めて、生活費とキャットフード代に充てている。河川敷には野良ビトだけではなく、野良猫も共生しているのだ。柳さんは近頃嫌な雰囲気を感じている。アルミ缶の買い取り価格が落ちこんでいる為だけではなさそうだ。流入者がやたら増えてきた一方で、河川敷に住む猫がクロスボウの矢で射殺されたり、空缶やダンボールを提供してくれていた商店がおおっぴらには協力してくれなくなりつつあった。
 ゲーテッドタウンと称される超高級住宅地は高い柵に囲まれ出入りはガードマンによって規制されている。柳さんたちホームレスはもちろん住民以外は招かれなければ侵入することのできない柵のなかには「火葬場と墓地以外はすべてある」と言われている。庶民とは隔離された社会が現れ、周囲に隣接する一般人の街もまた重層的差別社会へと変貌しつつある。まさに1%の富裕層をより豊かにするための法整備が進み、彼らの使った金が下層市民の所得になっていく。庶民は階層ごとに分断され相互に監視支配を強化し排撃する。そんな戦時中のような社会の復興がアベノミクスの指標だろうと、木村友祐は気付いているに違いない。
 「野良ビト」とは多摩川ならぬ弧間川河川敷に住んでいるホームレス全体をさし、彼らは近頃「野良ビト(ホームレス)に缶を与えないでください。」などという看板に行く手を阻まれている。東京オリンピックならぬ東京世界スポーツ祭典の開催を二年後にひかえ、街の再開発と美化運動やテロリストを警戒した警備体制の強化、自警団の跋扈によってホームレスは行き場を失いつつある。自警団は刺股をもってホームレスを追い回している。やがて河川敷の野良ビト共和国は柵で覆われ火を付けられる。白色テロは現実にも目の前に迫っているのだ。
 不景気煽動罪で報道が規制されるなか、最下層の人民は河川敷に貧しく暮らすことさえ赦されない。その行き先は放射能汚染廃棄物の処理労働要員かそれに類する使い捨て労働現場だ。それにしても深刻な社会問題のただ中に、一人ひとりがそれぞれの違った個人史を抱きながらも野良ビトたちはユーモラスと思えるほどに逞しく生きている。彼らを不良債権と断じるのか、貴重な社会の人材と尊重するのか人間性が問われるところだ。
 ホームレスや非正規労働者を主人公においた小説は最近少なくない。なかでも柳美里『JR上野駅公園口』は、主人公の出身地が東北ということで『野良ビトたち~』と共通点がある。柳美里は東北の人民が差別された歴史の襞を上野に見つけて書いた。木村友祐が選んだ河川敷は言わば周縁地域だ。いよいよ追い立てられ逃げに逃げた先だ。これ以上先はない。反撃は常に周縁から始まるのだ。

« キム・ヨンス『ワンダーボーイ』CUON | トップページ | 葬式の話 »

「書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571716/63910297

この記事へのトラックバック一覧です: 木村友祐「野良ビトたちの燃え上がる肖像」:

« キム・ヨンス『ワンダーボーイ』CUON | トップページ | 葬式の話 »