フォト
無料ブログはココログ

« 津島佑子『ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語』 | トップページ | 千雲寧『生姜(センガン)』 »

2016年6月 2日 (木)

韓国文学

韓国文学の頁を紹介します。(クリックして下さい)

 

イ ヒョン『1945,鉄原』

キム・グミ『あまりにも真昼の恋愛』 

姜英淑『ライティングクラブ』 

パク・ミンギュ『三美スーパースターズ最後のファンクラブ』 

パク・ミンギュ『亡き王女のためのパヴァーヌ』

パク・ミンギュ『ピンポン』 

ハン・ガン『ギリシャ語の時間』

ハン・ガン『菜食主義者』


ハン・ガン『少年が来る』 

キム・ハギ『完全なる再会』


キム・ヨンス『ワンダーボーイ』

キム・ヨンス『波が海の業ならば』

千雲寧『生姜(センガン)』 

鄭智我『歳月』

金承鈺『ソウル1964年冬』

チョウ・チャンイン「クミョンに灯る愛」

孔枝泳『るつぼ(トガニ)』 

孔枝泳『楽しい私の家』 

申京淑『母をお願い』

イ・ジョンミョン『星を掠める風』 

イ・ジョンミョン『根の深い木(景福宮の秘密コード)』

ク・ヒョソ『長崎パパ』

尹在賢『ある独立運動家の祖国』

李炳注『関釜連絡船』


チョン・セラン『アンダー・サンダー・テンダー』

キム・リョリョン『優しい嘘』

キム・リョリョン『ワンドゥギ』

チョン・イヒョン『マイスイートソウル』

鄭棟柱『神の杖』 

朴婉緒『あの山は、本当にそこにあったのだろうか』 

« 津島佑子『ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語』 | トップページ | 千雲寧『生姜(センガン)』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571716/63720390

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国文学:

« 津島佑子『ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語』 | トップページ | 千雲寧『生姜(センガン)』 »