フォト
無料ブログはココログ

« 崔実「ジニのパズル」 | トップページ | 韓国文学 »

2016年5月28日 (土)

津島佑子『ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語』

「大切なものを収める家」としての文学
    ──津島佑子『ジャッカ・ドフニ』集英社

Photo 津島佑子の遺作『ジャッカ・ドフニ』は、和人に犯されて出産したアイヌ女性の子どもの物語であり、日本の前近代史が日本人を形成していく過程で起きたアイヌ迫害という過ちが背景に描かれている。しかしこの小説は日本の近代史がそうしたように、限られた範囲にアイヌの生死を閉じ込めたものではない。これは一人のアイヌ女性の生涯を東アジアの歴史に追った壮大な虚構だ。物語は17世紀初頭を時間的トポスとし、マツマエからツガル~ナガサキを経てマカウ、バタビアへと場を移していく。つまり読者は主人公の少女とともに、北海道から九州を経て中国から更にインドネシアまで広がる旅を経験する。登場人物の中にはイスパニアまでも辿り着く者もあり、閉ざされたイメージのアイヌの可能性を大胆に押し広げて見せた。
 この小説はしかし小説の構造も展開もそう単純ではない。小説は二重構造になっていて、全体としては近世として設定されているが、もう一つの時間である現代は二人称の「あなた」の物語として過去の記憶へ向かって進む。しかしこちらは骨のような神経のような役割を持っていて作者の個人史を思わせながら、その魂の揺らぎはもちろん読者に対する問いかけになっている。津島の作品の特徴とも言えるシングルマザーが「あなた」として語られるが、あなたは息子を失った傷みを抱えながら原発事故から逃れるようにシレトコを旅する。あなたは放射能から逃れるかのようにアイヌモシリを旅し、アイヌやウィルタなどの少数民族への共感を確認している。
 一方、16世紀末アイヌと和人のあいのことして生まれた幼いチカップは軽業師の親方に売られるなどの苦難を経てキリシタンのパードレ(神父)に救われ、隠れキリシタンの一行と同行する。チカップはチカと呼ばれ、兄と慕うジュリアンの想像力によってアイヌとしての自覚を呼び起こしていく。そして美しいアイヌの歌を口ずさむまでになる。
 ジュリアンはマカウでの勉強でパードレになるという目的を持っている。キリシタン一行は激しい迫害から逃れて海を渡る。キリシタンは日本人であっても被迫害マイノリティである。キリシタンに対する普通のニホンジンの憎しみをジュリアンたちは理解できない。理解しないという抵抗が描かれる。一方的に襲いかかってくる暴力の醜さは、屈辱であり人間が崩れ落ちる怖さなのだ。
 一行には子どもの頃チョウセンから連れてこられたペテロがいて、マカウでのチカの助けになる。秀吉の朝鮮出兵の残像がペテロに照射されている。その他にもマカウやバタビアでは混血の人々が多数登場するのが印象的だ。津島佑子の他の小説例えば『ヤマネコドーム』と同じように、単一人種幻想を打ち捨てたハイブリッド感覚が表出される。
 津島文学は男尊女卑的家制度に対する抵抗、単一民族幻想に対する批判を根幹にしている。成長したチカの自由な生き方にはその両方が表れている。届くかどうか分からないジュリアンへの3通の手紙は文学の根源的な形を見せ、途中に挟まれる代筆者の言葉こそ文学評論の譬えなのだろう。この作品自体がジャッカ・ドフニ=大切なものを収める家としての役割を果たしている。これを叙事詩と呼んで差し支えないと信じる。

 筆者はアイヌの文化や文学に関して無知だが、16年前の5月、韓国の都市光州から近い智異山の宿舎の一室で上西晴治の『十勝平野』(筑摩書房)を薦められたことがある。薦めてくれたのは哲学者・住民運動家で北海道大学教員経験のあるH氏だ。『十勝平野』は騙され続け奪われ続けたアイヌ民族の来歴を徳川時代から戦後までに渡って描いた壮大な歴史ドラマであり、アイヌ現代文学の金字塔と言える。また、岡和田晃編『向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ』(未來社)には「うた詠み」「耳のない独唱」などアイヌをモチーフとした小説が収録されている。参照されたい。

« 崔実「ジニのパズル」 | トップページ | 韓国文学 »

「書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571716/63697389

この記事へのトラックバック一覧です: 津島佑子『ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語』:

« 崔実「ジニのパズル」 | トップページ | 韓国文学 »