フォト
無料ブログはココログ

日本プロレタリアートは連帯していたか(『新日本文学』2001年9月)

新日本文学会■ 第44回総会報告 「戦争と記憶」

日本プロレタリアートは連帯していたか

 昨年は花岡事件の歴史的和解が確定し、戦争と侵略・虐待の記憶が歴史に刻み込まれることになりました。会では、二〇〇〇年九月号に針生一郎と、『戦争と罪責』の著者である野田正彰との対談を掲載して以来、今回の総会、また夏の文学セミナーと引き続き、戦争と記憶の問題を考え続けていく訳です。
 韓国には、日本帝国主義の支配下で、強力な暴力によって連行され、日本軍に従軍して性の売買を強制されたり、鉱山等での労働を強制された記憶を持つ方々がまだ生きていて、若い世代に伝えています。
 振り返って日本を見れば、帝国主義時代の侵略の記憶は密封されつづけ、なかには日本が侵略支配した朝鮮や「満州」で生まれ育った記憶を、懐かしがる風潮さえあります。私の発表は、帝国主義宗主国国民と植民地人民の記憶の相違についてです。なかでも戦前の日本プロレタリアートにとっての「連帯」が、そのまま植民地支配された朝鮮人民においても連帯だったかどうか、という疑問についての考察です。
 支配する側の国民は、たいていその優越感と無知から、植民地固有の文化の存在を認めず、支配したことによる影響を恩恵と思いこみます。
 日本の文壇に朝鮮人作家張赫宙が登場したとき、木下杢太郎は〈自由の無い所には文芸は生じない。朝鮮の民には久しい間自由は束縛されてあつた。而して今ここに「ガルボウ」の如き好小説が出るようになつたのは、朝鮮が古昔に比して遥かに良好の文化的雰囲気の裡に生育しつつ有と云ふ証左として欣喜しなくてはならぬ。〉(「張赫宙のガルボウ」『文藝』一九三五年一月号)と書いています。張赫宙の日本文壇への登場は朝鮮の日本化の進み具合を象徴する事件でした。ところが、木下は日本帝国主義の支配が進んだ朝鮮を、自由だと言って憚ることがない。朝鮮に独自の文化があり、朝鮮語による文芸が発達していたことを、知ってか知らでか、全く無視している。こうした無知は木下だけにあったものではありません。ごくいちぶの柳宗悦のような人を除けば、一般に日本人はこの程度の観念しか持っていなかったのです。では、日本のプロレタリアートはどうだったか?
 中野重治に「『雨の降る品川駅』とそのころ」(『三千里』一九七五年夏号)という短文があり、次のように言っています。
〈「日本プロレタリアートの後だて前だて」という行がありますが、ここは、「猫背」とはちがうものの、民族エゴイズムのしっぽのようなものを引きずっている感じがぬぐい切れません。〉

この論文は11月発行予定の、林浩治『在日朝鮮人文学 反定立の文学を越えて』(新幹社)に輯録されます。本文はそちらをご覧いただければ幸甚です。

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)